SBの守備をざっくりと解説 

僕は一応現役時代はSBであった。元々はFWの選手であったが、高校入学後周りが上手すぎてこれ以上オフェンスとしてやっていくのは無理だと感じて、逆にSBだと下手くそでもそれなりやれるかなっていう浅はかな理由で志望した。

実際大学サッカーまでやることができたので結果的にはナイス判断ではあったが、やはり当たり前だけどめちゃくちゃ難しかった。

ビルドアップの難しさも言わずもがなであるが、意外(CBに比べるとそこまで負担はないと思いがち)とSBは守備時も忙しく、ボールが来なくてもやることが結構ある。しかも地味で誰にも注目されない。

そこで今回はSBの守備ついてざっくりと書きたいと思う。

★WGとのマッチアップ

当然一番最初の仕事は、相手のWGに好き勝手やらせない事で、これは見ての通りである。

ポイントしては、なるべく1対1で対応しない事。

1対1を作られてしまった時は、相手が一番やりたい事(突破した後のシュートorクロス)を感じ取ってそこのコースを切りながら味方が戻って来るの待つ。意外とカットインとクロスどっちに重きを置いているか見極めるのは重要で、一発目はほぼほぼ得意の方でくる。

そこを切ることで時間を稼ぐ。厳密に言うと1対1の時に勝負をさせない。

SBに限らずこれは守備の基本である。

ただ抜かれなければ大丈夫ではなくてしっかり寄せるのは大前提。

★絞る

サッカー漫画のアオアシで主人公の青井葦人がサイドバックにコンバートされた時に、一番最初に覚えることとしてあげられていたのがこの「絞る」である。

1つ1つ順番に紹介するとまず相手の左サイドにボールがある時がこちら。

f:id:yaissi:20200417210549p:plain

赤の2番が自分目線の選手。

相手の左CBがボールを持っていると仮定している状況で、一番大事なのが4人のライン揃えること。

ラインがずれていると、ギャップができてオフサイドが取れなくなるのでここは絶対。

これは単純にボールサイドにライン全体が寄っていくというと口で言うと至ってシンプルな形。

ポイントはCBとの距離を一定の間で保つことで、締めすぎると、外のスペースが空くのでこの距離を維持する。

その上で、赤丸の位置は全て守備範囲でCBとの間のハーフスペースと背後のスペースは基本SBが対応。

次にCBがチャレンジした時

f:id:yaissi:20200417225157p:plain

CBが前に出た時は、ディフェンスライン全体が、空けたスペースに近寄る。

これがサッカーの「絞る」の真髄である。

要するに一番大事なのは真ん中でそこが空いたら、全員がコンパクトを維持するための圧縮してしっかり埋めるということ。

それに伴いケアするスペースも変わる。先程はハーフスペースをCBと2人で見ていたが、今度は完全に1人で見て、その裏のスペースもケアすることになる。

サイドの裏のスペースは変わらずで一気に守備範囲が広くなる。

逆に言うとCBが出るというのはそれだけ危険が伴うということである。これが徹底できてるチームはそれだけで裏取られることが大幅に減る。

ただサイドの低い位置はSHに受け渡す必要がある。

逆のSBが前に出た時は実はかなり大変

f:id:yaissi:20200417225856p:plain

これはなんとなく最初に「絞る」と聞いてイメージすることな気がする。

逆サイドにボールがある時は当然ボールサイドに寄ると思うので、難しくはない。

ポイントは、CBの背後のスペースである真ん中の裏(一番大事な場所)をカバーする必要があるということ。SBは逆サイドにボールがあるときはある意味最後の番人的なイメージでCBの背中を守る必要がある。

ちなみに大外は無視というか捨てざるを得ない。

ここの捨てるという判断も重要で、仮にここで大外でやられてもSBの責任になるので完全に捨てて良いわけではないが基本は捨てる。

逆サイドを突破された時

f:id:yaissi:20200417230449p:plain

ここが一番難しい。

サイドを突破された時は、突破された側のCBがボールに寄せるので下手すると中は2枚になる。

もう1人のCBはニアを消すので、SBその背後を消すのがセオリーであるが、このパターンで一番多いのはニアで潰れてマイナスに入ってくること。

ここは瞬間的な判断が必要になってくる。一番いいのはマイナスにもファーにも対応できる曖昧な位置。

けど触られたら終わりの位置なので、中途半端にぼかしていてもゴールを守れないので、瞬間的にどっちか消しにいかなければいけない。

ここはけっこう周囲の状況を把握し冷静な対応が求められる。

こういう外からラインを全体を見えてる分こういう選択の判断を迫られることが多いのがSBの特徴。

優秀なSBは抜群の絞りでCBの背後を埋めてる場面が多々あるのぜひ注目して見てほしい。

以上がSBのざっくばらん守備の仕事である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました