EL決勝 ビジャレアルの守備ブロックについて

ビジャレアルの守備ブロック解説 その他

 ウナイ・エメリはやっぱり守備ブロックを整えるのには長けている。EL決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦も指導権を握られ、押し込まれる時間は長かったが、それでも組織の破城は起こさなかった。

延長戦に入ってからは積極的な交代が功を奏したのか押しこむ時間も増えていた。

タレント力では間違いなくユナイテッドが圧倒していたが、それでも結果を引っ張ってこれたのは、エメリ監督の手腕も大きいと思う。

たらればを言うとここに久保がいたらなーとかは思ってしまうが、ビジャレアルが非常に良いチームなのは間違いないので、今回はその守備戦術について書いていきたい。

今季は4−3−3との併用が多かったが、ELでは準決勝、決勝と最初は4-4-2でスタートしている。

中を閉めてライン間を狭くが基本

モレノとバッカが中盤のコースを遮断。

両SH(トリゲロス、ピノ)はハーフスペースに立ち、SBに入るとスライドして寄せる。

ポイントは中盤と最終ライン間をギリギリまで狭くすることで、ユナイテッドのキープレーヤーであるブルーノ・フェルナンデスにあえてマンマークをつけないで組織で対応する狙いである。

アルビオルは読みとポジショニングに優れ、トーレスはスピードが超人的なので、ある程度ラインを高く設定できるのが魅力である。

前から行く時はパレホが一列あげ、SHが気持ち中に絞り気味に立ち、SBに出させサイドではめる形である。

準決勝のいアーセナル戦ではある程度行なっていたが、決勝ではそこまで頻度は多くなかった。

ポイントは前にアタックするのは基本的にはボランチと前線の3人でルールがしっかり設定されていたこと。

もちろんSHの判断でプレスに行ける時は行く。

サイドのカバーリング

先述したおり、中を閉めているのでユナイテッドの攻撃は外回りが中心。ブルーノも中ではあまり受けれず、外に逃げることが多かった印象。

サイドにボールが入った時はSBが迷わずに出てくる。

ここをSHがプレスバックしてSBがハーフスペースを埋めるというやり方を採用しているチームも多々あるが、エメリのビジャレアルではSBが出ることで対応。

ハーフスペースのカバーはSHがスプリントしプレスバックする。

間に合わない時は中盤がカバーする。

あくまでもCBを横にスライドさせないというのが重要である。

ポイントは中盤がラインを下げたときにモレノ、バッカの前線がプレスバックしスペースを埋めていたこと。

これは単発的にではなく、試合中常に行われていたので、間違いなくルールとして確立されている。

SBが大外に出て行くやり方はボールに強く出ていける反面、SHが相手のSBに振り切られてしまうというデメリットもある。後半ユナイテッドがSBとウイングの連携でサイドからチャンスを作れていたのはスペースへの走り込みを捕まえ切れていなかったことが大きい。

実際ビジャレアル の最初の交代は守備で走れるコクランをSHに置いているので、ここの強度はエメリとしても維持したかったに違いない。

まとめるとシンプルな4-4-2のブロックであるが、個々の役割がはっきり整備されており、狙いが明確であった。

中を閉めて、サイドに誘導、サイドでの対応はSBがスライドし、ハーフスペースをSHがカバー、CBは中央に残す、そしてライン間を極限まで狭く。

これがエメリ率いるビジャレアルの守備ブロックの大まかな形である。

肝になるのはSHのハードワークで、もしかすると久保は守備での強度が足りていないと思われていたのかもしれない。

来期ビジャレアルはCLを戦うことになるが、恐らくメンバーがどれだけ残るかにもよるが、守備ブロックが崩れることはそこまでは考えにくい。

逆に攻撃ではユナイテッドのプレスにかなり苦しんでいたので、通用するかは未知数。

EL番長の名を欲しいがままにしているエメリであるが、やはり本人としても上のレベルでの成功を望んでいるはず。

ELでは通用した守備がさらに熟成し、チームとしてどこまで駆けあがれるか非常に楽しみである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました