湘南ベルマーレ vs ガンバ大阪 ベルマーレの良守備と狙いが明確な攻撃について

Jリーグ

 湘南ベルマーレはウエリントンにもっとボールが集まれば上に行きそうですね。というより行って欲しいです。それくらいはチームのコンセプトが明確で統率が取れていると思います。

ただ、代表組を欠いているとはいえ、ガンバがちょっと攻守ともに微妙だったのも事実です。

良いサッカーしてはいたが、中々決めきれないのは痛かった。今回はそんな湘南ベルマーレの良い守備ブロックと攻撃の課題について書いていきたいと思います。

ベルマーレは3-5-2、ガンバは3-4-3、前線が2枚と3枚の違いがあるので3人のCBにどのようにプレスをかけるかが注目ポイントでした。

IHの運動量を軸にしたベルマーレの守備

IHだけでなくベルマーレは全員がよく走っていますが、特に山田と池田は素晴らしいっていう話で、個人的にこのポジションが湘南ベルマーレの肝かなと思っています。

まず2トップが中を閉めて、CBから中央への展開を遮断して、外回りにします。

WBとIHは中間ポジションでバランスを取りながらもそれぞれ相手のWB、CBに対してプレスに行ける準備。

左右のCBにボールが渡ったら、IHが出ていき、WBもWBに対して距離を詰めます。

ポイントはアンカーの中村がIHの空けたスペースを必ず埋めて、CBとともにハーフスペースをロックすること。

後は前線もプレスバックして、中盤のスペースを埋める。

また、逆のWBは当然帰陣して最終ラインに入ります。

ここで追い込んで奪ってショートカウンターの形は非常に多かったです。

逆にガンバはビルドアップが苦しくて、パトリックに放り込む事が多かったです。

ただ、競り合う事が多かった石原、中村は競り合いの技術が高く、先に飛び、パトリックを飛ばせないことで自由にさせていなかったので、ほとんどの場面でマイボールにできていました。

また、セカンドボールの回収も完璧で、事前のスカウティングでこうなることをちゃんと予想できていたと思いますね。

サイドにボールが入った時は、IHがプレスバックしてハーフスペースを埋めるのも○

さらに場合によっては中村が最終ラインのカバーに入るというリスク管理もできており、CBがしっかり中で勝負できるルール作りができていました。

個の守備力に依存しない良質な守備ブロックでした。

WBが引きつけた裏のスペースを使いたいベルマーレの攻撃

試合を通してWB対WBの構図ができており、ベルマーレはガンバのWBが食いついた背後のスペースをIHがしきりに狙っていた。

後はCBのインナーラップ、IHが降りてWBが裏に走るなどの攻撃が多く、主にWBが作り出すスペースを攻撃の軸に置いていた印象です。

ガンバの守備は前3人がそのままCB3人にアタックする形で、背後の中村が浮いてしまうことで序盤困っていた印象。

途中から、井手口、矢島のどちらかが、前に出ることで対応していたが、そうすると今度はIHが

中盤の横のスペースを狙うという形ができていました。

時折隙間で受けたIHが前を向くことはできていましたが、ガンバのCBが前に出てきて潰すことも多かったと思います。

また、WBがあけたサイドの裏のスペースもCBが横にスライドするなどして対応はしていました。

構造的には穴だらけの守備を個人のスキルで上手く誤魔化していたいうのが的確かもしれません。

で、個人的にベルマーレがこうなればもっと面白かったのにと思うポイントをまとめました。

・中村にもっと縦パスを当てたかった。(特にキーパーから)

・WBが受けて、IHがスペースに走り出した時は、CBを釣り出せているので、ウェリントンをシンプル

に使ってもよかった(足元、放り込みどちらも)

・CBがインナーラップした時にIHがカバーに入るのはもったいない。(三角形を作れれば面白そう)

あくまでも完全に個人的な意見なので賛否両論はあると思います。

ただ、先述したとおり、ウェリントンにもっと良いボールを供給できれば、自ずと得点も増えてくると思うし、守備は良いので、順位は上がってくると思います。

割と伝統になっている攻守のハードワークは健在で、組織がしっかりしている湘南ベルマーレの躍進に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました