北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖 良守備同士の戦い

Jリーグ

 札幌のマンツーマンディフェンスはやはり驚異的だし、鳥栖の緻密な守備もブロックも美しい。攻撃にも定評のあるチーム同士であったが、この試合は守備にも見るべきポイントが多かった。

もったいないのは、こんな良試合が平日に行われていることで、見れる人が限られてしまうこと。

リアルタイムで見れないと、週末にはまた次の試合が来てしまうので、中々時間を避けないのが痛い。

そんな僕も週末になりやっとチェックすることができたものの、現在すでに次の節が始まっており、タイムリー話題ではなくなっているが、それでもこの2チームの守備は本当に良かったのでぜひ紹介してきいきたいと思う。

札幌は得点王のアンデルソン・ロペスが欠場、鳥栖は小屋松が久しぶりのスタメン復帰ということで、仙頭との京都橘高校コンビである。

札幌のマンツーマン

鳥栖のビルドアップはお馴染の可変で、中野が高い位置に張り出し、小屋松が中を取り、時折仙頭がおりてくるなどの選手の流動性が特徴。

それに対して札幌もいつも通り前からマンツーマンではめにくる。

まず、前線の3枚でCBと松岡、さらにおりてくる仙頭を見る形。

ポイントは小柏と駒井のどちらかが背中で仙頭を消しながら、CBにアプローチすること。

その上でCBにプレスがかかると、浮いている深井が出てくる。

ボールと逆側のWBは最終ラインまで下がり、なるべく数的同数を作らないのがポイント。

ただ、状況によっては数的同数で対応していることも多々あり、リスクを負ったある意味の札幌の持ち味でもある。

基本的に小屋松は田中が見ていたが、低めの位置に下がった時は流石に捕まえ切れないので、深井の横で受けられることはたまにあった。

ボランチが前を向いた時、あるいはそもそも中盤から攻撃が始まった時は、当然無理に前プレはいけないが、ジェイが献身的にCBのコースを消してくれるので、広げられずにプレスをかけやすい状況を作っていたのもポイントである。

札幌の前プレはかなり機能していたが、鳥栖のビルドアップも上手かった。

深井が前に出てきて埋めていたとはいえ、鳥栖の中盤は受けれるポイントを見つけるのに長けていて、かつGKの朴もいるので真ん中からの配給を完全には遮断することはできなかった。

それでも札幌の守備が効いていたのは、CBが潰しが良かったことと、ダブルボランチが最終ラインに入れるので上手くマークの受け渡しができていたことが要因である。

まとめると、中盤の縦のスライドと、CBの潰しが光っていた。

鳥栖の統率がとれたブロック

札幌のビルドアップも鳥栖同様に可変でこちらもかなりお馴染みである。

両CBが高い位置を取り、代わりに中盤のどちらかあるいは両方が最終ラインに降りて配給する。

鳥栖の守備ブロックは5-1-3-1のような形で2トップが縦関係になるのが特徴。

そして2人IH(インサイドハーフ)がハーフスペースに立ち、松岡の横のスペースを消す。

この2人はサイドにボールが入った時はそのままスライドにそれに合わせて全体がサイドに寄ってくる。

松岡には的確なコース消しと運動量が求められる。

札幌の前線はスペースへの出入りが非常に上手く、さらに福森の配給能力も非常に高いので、松岡の横を使われることは多々あった印象。

上図だと赤丸のスペースは割と使われていた印象。

後はサイドチェンジもそれなりに多かったが、横のスライドは非常に速く、かつ明確なルールがあったので、振られてはいたがそれでも対応はしっかりできていた。

以上が両者の守備の大まかな内容である。

どちらかというと札幌は人に強く行くためのルールが整備されており、逆に鳥栖は個々が埋めるべきスペースが明確でその上で人に行くよというスタンスであった。

鳥栖のように位置的優位が取れるチームに対して、前から人を捕まえる札幌の守備はやはり効果的で、それを剥がそうとする攻防は非常に面白かった。

過密日程になるのはどうしても仕方ないとはいえ、こんな良試合を見逃す可能性があることを考えると、なんとなくもったいない気持ちになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました