レスター vs トッテナム 最後に綻びを見せたレスターの守備について

プレミアリーグ

 個人的にレスターはCLに出て欲しかった。昨季も今季もずっと良いサッカーをしてて、初期は攻撃的でテンポの良いパスサッカーだったけど、次第に故障者が続出してからは、素晴らしい守備ブロックを作るチームに変貌を遂げた印象。

FAカップ決勝も非常に堅かったし、だからこそ、スパーズ相手に2度のリード守りきれなかったのはびっくりである。

名手シュマイケルの信じられないミスや、フォファナ、エバンスが離脱するという不運があったことは間違いない。

というかほぼそれが原因であると思うが、ただ、スパーズ戦に関しては今まで構築してきた素晴らしい守備は鳴りを潜めた。

というわけで今回はレスターの守備の何が良くなかったのかを紹介したい。

中締め、外狩りの1stプレス

レスターの守備はまず、前線の2枚(ヴァーディ、イヘアナチョ)が中盤のコースを遮断。

そしてSBにボールが入ると、マディソン、オルブライトンの両翼がアタック。たまに違う時もあったが、基本的には中を切って外に出させる狙いがあった。

上図はレスターの左サイドの守備シーン。

この試合いけてなかったのはトーマスのところで潰しきれなかったこと。

寄せてはいたが、奪うまでには至らず、ワンタッチで中盤に落とされて、ボランチがオープンになってしまうことが多かった。

プレスを突破されているわけではないが、捕まえきれてない。

狙われたボランチ横

元々ダブルボランチが浮いてる2列目を捕まえるのは非常に難しい。

さらに、アリが中盤まで降りてくるのでそこもケアしなければいけない、また、マディソンの守備が時折怠慢でコースをちゃんときれてないときがあり、結果的にSBから斜めの楔を入れられることが割を見受けられた。

CBが前に出ると、快速の両WGに走られるのでそれはさずがにリスキー。やはり中盤で対応するしかないが、レスターはダブルボランチで4人(ホイビュア、ウィンクス、アリ、ケイン)を見るような状況が続いてたので中々厳しかった。

さらに攻守の要のエンディディがフォファナの負傷をうけてCBに回ったことも痛かった。

スペースカバーに奔走するソユンク

後半は特にソユンクのカバーが効きまくっていた。

カバーが際立つということはそれだけスペースにボールが出されている証でもある。

良いプレーではあるが、それだけラインが押し下げられてており、CKもかさんでいた。

まとめ

失点の仕方は偶然であり、綻んでいたところを突かれたわけではない。

ただ良い守備ができていないので流れとしてはあまり良くなかった。

まず、SHがプレスに行くのにSBで潰せず、結果前向きの選手を作ってしまっていること。

これは、CFがプレスバックしてスパーズの中盤を消しに行くか、あるいはプレスをかけずにブロックを作るべきだったと思う。

さらに狙われていた、中盤横に関しては、最終ラインの人数を増やして、潰せるようにするか、ライン間を狭くしてブロックを作るかで対応すべきであった。

怪我人が多く信頼できるCBが少なかったことを考慮すると、システムを変えるより、ライン間を狭くする方が現実的で、やはり前線のプレスラインを下げる必要があった。

それがままならず、この日のレスターはモヤモヤする守備をし続けてなんとなくふわっとした雰囲気にになっていた。

今までの戦いぶりを考えると非常にもったいない。

プレスはうしろがどれだけ潰せるか、あるいは前のプレスバックのスピード、それを改めて感じさせる最終節であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました