マンチェスターダービー 個々のアグレッシブを存分に活かす守備ブロック

今回はダービーで快勝したマンチェスター・ユナイテッドの鉄壁の守備ブロックについて。

守備ブロックというよりかは、アグレッシブな守備攻撃と言った方が適切かもしれない。それだけユナイテッドの守備陣は人に対してアタックしていたのだ。

選手にあった役割分担が完璧にはまっており、仮に他のチームがこの日のユナイテッドのやり方を模写したとしても、これだけの強度は出せない。

彼らにしかキャラクターを活かした完璧な戦い方であった。そんなユナイテッドの守備についてざっくりと語りたい。

これだけ見るとごちゃごちゃしていて何のことが非常にわかりにくいので1個1個順番に解説していこうと思う。

まずCFのマルシャルは真ん中に立って主にCBを牽制して簡単に運ばせない。

この試合に関してはいつになくマルシャルも献身的に守備を行なっていたのが良かった。

中盤の立ち方はしっかりデザインされた形で、まずブルーノが中央のコースとロドリを消す。

WGはハーフスペースに立ち中を消し、大外に出た時は中を切りながらプレスをかけ、シティの攻撃を外循環にさせるのが主なタスク。その上でジェームズはトップスピードでプレスに行くことができるので及第点以上に働きができるのはユナイテッドの強みであった。

で、このシステムの肝中の肝なのがフレッジとマクトミネイの両ボランチである。

図の黄色い丸はこの試合に置ける彼らの守備範囲を表したもので、実際の試合ではもっと広範囲をケアしていた可能性もある。

彼らは2列目を消しながら、ハーフスペースのカバー、サイドへのアタック、降りて行くを中盤を捕まえるために前にでる守備等々全てこなしてしまう。

その影響もあり、この試合ユナイテッドの両ボランチの間がかなり空いていて、中盤の形が台形のようであった。

彼らの優先すべきミッションは抜群のスタミナを活かしたハーフスペースを閉めることで、

それだけサイドのヘルプを徹底していた証でもある。

とにかく運動量が凄まじかった。

そしてSBはWGを潰す。

外循環を促し、かつ両ボランチが鬼の速さでハーフスペースを消してくれるので、SBはシティのWGに対してガンガン寄せることができた。

何より彼らが対人戦に絶対の自信を持っているの非常に大きかった。

まず右サイドはジェームズがジンチェンコに中を切りつつスプリントで寄せるので、たまらずスターリングに縦パスが入るが、そのときのワン=ビサカの寄せが非常に速く、前を向くことはほぼ不可能であった。

マクトミネイはスペースをカバーするときと挟み込んで奪いに行く時の判断が非常に良く、なおかつフィジカルもあるので潰せる。

さらにジェームズがプレスバックで加勢にくる。

寄せの速さだけでなく、ワン=ビサカは相変わらず絶対に抜かれない。

というわけで右サイドはかなり鉄壁であった。

ちなみにマクトミネイとフレッジの間が空きすぎたときはブルーノがしれっと戻りスペースを埋めていた場面が多々あり、さすがの戦術インテリジェンスだと感じた。

左ももちろんショーの寄せが素晴らしくやられることがそんなに多くなかったが、ジェームズに比べてラッシュフォードの守備はそこまではよくないので、ボールホルダーがオープンになり、マフレズに良い状態で入ることが多かった。

その中で何度か突破を許す場面があったり、ショーが喰いついてきた背後のスペースをカンセロが狙っていたりしていた。

それでもショーの駆け引きとフレッジの鬼カバーで何とかなっていた。

フレッジも駆け引きがすごいできる選手で広大なスペースを守りながらも的確に潰しにいけるので、ショーをしっかり助けていた。

これがユナイテッドの大まかな守備の流れである。

WGの外誘導とスプリントでのプレス、横に広がったボランチのハーフスペースカバー、そして圧倒的なSBの対人の強さ、そして気が利きすぎるブルーノ立ち位置。

彼らの能力を活かすためのよく練られた守備である。

SBがあれだけ強くいけるのは周りの連動があってこそだし、結構ちゃんとした守備戦術である。

そんな熱い守備についてどうしても書きたくなったのが今回の記事である。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました