プレミアリーグ チェルシー VS リバプール チェルシー のおしゃれ守備ブロック

 本日はプレミアリーグチェルシーVSリパプール戦から、チェルシーのおしゃれな守備ブロックについて。

チェルシーはトゥヘル体制になってから失点がわずか2とかなり少なめ(その内の1点はオウンゴール、もう1点は南野の得点)で今節リバプール戦でもほぼ完璧な守備を披露していた。

そんなチェルシーの守備ブロックについて深掘りしていきたいと思う。

前節マンチェスターU戦ではジルーのワントップでファーストプレスを行なっていたが、そのときにCBマグワイアにかなり持ち運ばれていて、それを嫌ってかトゥヘルは後半からツートップ気味に変更してCBを牽制していた。

今節もそのやり方を踏襲したのか、それともたまたまリパブール対策なのかは定かではないが、最初のプレス隊は2トップである。

まず基本はツィエクとヴェルナーがリバプールのダブルボランチを消す。ただしどちらかと言うとツィエクの方がワイナルドゥムを見る意識が強かった。

その上でCBにしっかり寄せていく。

2人の連動性はそこまで高くなく、特にヴェルナーがそこまで気が利いてたわけではないのでCBの間に降りてくる選手に出されることは多々あった。

それでもCBを自由にさせない狙いは⭕️

ポイントはSBへの対応で、IHのマウントとカンテが中からどんどん出て行くことで、前には運ばせない。さらに真ん中はジョルジーニョが上手くやり過ごし。3トップに対しては3バックをそのままぶつけることで対応。

そこで空いてくるのが、前に出るIHの背後のスペース。

そこはWBを前に出すことで対応。

さらにWB背後はCBを横にスライドさせ、さらに逆サイドのWBを最終ラインに組み込む。

逆にIHが間に合わないときはWBが前に出てSBに対応。

押し込まれてブロックを作るときは5バックで大外は誰が来てもWBが対応。

この試合一番良かったのはIH、WB、CBが磁石のようにぴったりと連動できていたこと。あくまで人にタイトに行き侵入をさせないというトゥヘルの狙いが顕著に出ていた。

アスピリクエタとリュディガーは機動力がかなりあるので、横へのスライドは苦にしない。

さらに両WBはスプリント能力が高いのでどんどん前に出ていけるし、元々SBなので4バックの守備もしっかりできる。マルコス・アロンソではなくチルウェルが起用されたのも非常に理に適っている。

アンカーでの守備の駆け引きはジョルジーニョだし、カンテとマウントの運動量がなければIHからSBに襲いかかるのは難しい。

そういう意味でこの試合はいるメンバーの特徴を活かしつつとリバプールのやり方に対応できる完璧なプランをトゥヘルが用意した試合であった。

逆にリバプールはSBがIHをもっと引き出してWBが出てこれない位置で起点を作ったりすれば良かった気がする。

4-2-3-1ではなく、4-3-3の方があっていた印象。さらに2トップの間を通すパスを入れれその後ろはジョルジーニョしかいなので、もっと簡単に前に運べた気もする。

それを踏まえた上でのこの守備のやり方であれば、かなりおしゃれなゲームプランであったと思う。

というわけで今回は鉄壁のチェルシーについての記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました