ノースロンドンダービー勝負を分けたスパーズの右サイドの守備

Uncategorized

 今回はノースロンドンダービーのスパーズの右サイドの守備について。

というかアーセナルの左サイドの攻撃についてと書くのが普通ではあるが、守備について書くと勝手に宣言しているので、このブログではスパーズ目線で書きたいと思う。

結論からいうとベイル、ドハーティ、エンドンベレの守備が主にまずかった。

ただし彼らは攻撃で多大な影響を及ぼしているわけであって、この試合ではそれが裏目に出た形である。ただ、アーセナルのスミス・ロウ、ティアニーのコンビは本当に素晴らしかったのは間違いない。

まずスパーズの守備を簡単に紹介すると、前線は中盤のコースを切り前からは行かない。

サイドにボールが入るときは、SHがプレスバックして、ボランチがハーフスペースのカバー、SBはスペースを埋めるというのがだいたいどの試合も同じやり方である。

それが大前提として紹介していきたいと思う。

基本は外を切るベイル

というかまずそもそも、左のソンに比べてベイルの初期位置が高い。

おそらくそれは攻撃面での爆発力を考慮してあえて前に残させているモウリーニョの狙いであると思う。

高い位置を取ることで、CBにも出ていことも可能。

そのときにベイルは自分のスペースを使われないように外のコースを切りながら寄せることが多かった。

ただそれがあまりにも高い位置を取るため、角度ができてしまい中盤のコースががっぽり空いてしまっていた。

で、ホイビュアに関しては先程紹介したようにハーフスペース(SBの横)のカバーを意識しているため、前に重心を乗せきれていなかったため、ここは空きがちではあった。

逆サイドのソン(途中からルーカス)は中盤と同じラインまで下がって守備を始めるので仮に中盤に出されそうになっても、横にスライドすれば対応できるのが、高い位置を取るベイルとの違いである。

中を切るときのベイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0f35c0126328cd0817c642f470135a9a-768x1024.png

この時がこの試合一番良くなかった場面である。

ベイルを中を切って寄せるのはまだOKである。

ただそこから外にボールを出されると、プレスバックを一切しない。

するとどうなるか。

たまらずドハーティが釣り出される。ここもすごい中途半端で、もっと行くなら速いタイミングで潰しに行けばいいが、ちょっと遅れるため完全に二の足を踏んでしまっていた。

ドハーティが前に出ることでその背後を使われてしまっていた。

ドハーティが気を利かして縦のスペースを消しながら寄せることができればまだよかった。あるいは前に出ないで、スペースを埋めることに専念できていればよかった。

反応が遅いエンドンベレ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d5dee408af464c439f4467fe3b6dfd0c-768x1024.png

それでも初期配置通りホイビュアが右の中盤にいるときはしっかりカバーに入れており、スペースを使われたのは、前半の最初の1回だけであった。

逆に流れの中でエンドンベレが右にいるときはかなりやられていていた印象。

カバーリングをやろうとしてはいるが、どうしても反応が遅いので先にスペースに入られてまうことが多かった。

後半この位置にシソコを投入したのもある意味納得である。

まとめるとベイルのプレスバックのなさ、ドハーティの中途半端な寄せとポジショニングのまずさ、そしてエンドンベレの怠慢さこの3つが主にスパーズの右サイドがやられまくった要因個人的には思う。

ビックマッチでこれだけ攻撃的なメンツを並べるのは正直モウリーニョらしくない。

というか戦術どうこうより、個々の守備力のところで問題が発生してしまっているのが痛い。

というわけでめちゃめちゃ面白かったノースロンドンダービーではありますが、モウリーニョにしては珍しく守備がまるでダメだった試合であった。

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました