サガン鳥栖の老獪な守備と鉄壁のグランパス失点について考察

Jリーグ

 

 ついに名古屋の無失点記録が途絶えた試合。それ以上に驚いのは今シーズン前からプレスに行き、かつ流動的な配置で主導権を握るサッカー標榜している鳥栖が割り切った守備をしてきたこと。

ただ、割り切ったと言ってもガチガチに引くののではなく、いく時はいく。そこの判断の切り替えは見事だった。流動的なポジションチェンジはあえてせず、どちらかと言うと配置を崩さない名古屋の特徴に合わせて勝負に徹したといったところ。

そんな老獪な戦いをした鳥栖の鳥栖についてもう少し深掘りしていきたい。また、堅守の名古屋の失点場面についても軽く触れていきたい。

前線と中切りとSHのバック

基本的に鳥栖は前述した通り、前からはそこまで行かない。

まずは林と酒井の前線が中を徹底的に閉じる。

名古屋はビルドアップ時中盤が最終ラインに降りたりするが、その時も中を閉める意識は変わらずどちらかが中盤を切り、どちらかがCBにアプローチする。

SHはSBを見て、SBはSHを見る。だから名古屋の左SB吉田が高い位置を取るため、鳥栖のSH本田は低い位置までバックしていることが多かった。

逆にハーフスペースで受けるSHに対してはSBがしっかり潰しに行く。

さらに、中盤とCBが空いたスペースをカバーできているのも良き。

ここの役割分担がしっかりできていた。

3バック化して、丸山が持ち運びそうな時は、SHを出すのではなく中盤がスライドして牽制することで対応していた。

名古屋のボールの出所である中盤と、崩しの切り札であるSHを封鎖してしまえば怖くないよというのが鳥栖のスタンスである。

前から行けそうな時はガンガン行くのがこの日の鳥栖の素晴らしいところ。

これは一つの例であるが、CBにプレスにかかる時はSHが出て、それに全体が連動して順番に前から人を潰しに行く。

大きかったのはCBが人に対して厳しくいけるので縦パスを遮断できたこと。

シンプルなロングボールを収める前線

鳥栖の今季のサッカーは陣形を変えながらの丁寧なビルドアップであるが、この試合では4−4−2の形をなるべく維持した上でボールを保持することが多かった。

名古屋の守備も前からいける時はガンガン出てくるので、前線とボランチ1枚が襲いかかってくる。

ただこの日の鳥栖は詰まりそうになるとシンプルにロングボールを放り込むことが多かった。

それに対して前線の酒井と林が驚異的なフィジカルで収めるか、最低でもルーズボールになるくらいはファイトしてくれるので、ビルドアップを引っ掛けることがほとんどなかった。

さらに名古屋の中盤が1枚前に出ているので、セカンドボールの回収もままならず、シンプルではあるが名古屋を苦しめていた。

鳥栖の守備をまとめると、中盤とSH遮断、時には前線からのプレス(2点目のフリーキックはこれがハマったからこそ)、シンプルな放り込みでショートカウンターを回避、陣形を維持することでリスクを管理、こんな感じである。

名古屋の失点シーンについて

この試合のポイントは、早い時間に堅守の名古屋から先制してリスクを冒す必要がなくなったことである。

無失点記録を続けていた名古屋がなぜあっさり失点してしまったのか。

正直鳥栖の狙い通りの形だったかは定かではない。

ただ、名古屋らしくない若干の乱れがあったので軽く触れようと思う。

名古屋の守備の特徴は以下の通り

・最終ラインは横にコンパクトに中締め

・ボランチはハーフスペースのカバーでCBをサイドにつり出させない

・大外はSHがバックして対応

これを前提に失点場面がこんな感じ

大畑のスローインから始まったプレイで、流れを簡潔に書くと、後ろの小屋松に投げる→前田がプレス→小屋松が大畑にリターン→宮原が行こうとするが、稲垣が行く→酒井が宮原の背後を取りクロス→中谷が若干つり出され、空いた林が丸山の前でヘッドで合わせる→得点

である。

一つずつ振り返ると、SB担当の前田が出たこと。行くのは間違いではないが、コースを切りながら行く必要があったとは思う。

次が大畑に誰が行くのか。

SB中閉めの原則であれば宮原はハナからハーフスペースをケアすべきだったと思う。

宮原が行って稲垣がカバーで良かったかもしれないが。あの距離だと多分難しい。

って考えると宮原が少し迷ってしまったのも痛かった。

中谷が釣り出されてしまうの正直仕方ない。

ただを中を確認してもう少しクロスのコースを切ることはできたかもしれない。

わずかな隙ではあったが、鳥栖が見逃さなかったのは素晴らしい。名古屋としてはSHが出た時はどうするかという約束事が徹底されていればもしかしたら防げたかもしれない。

ちょっとした連携ミスで正直もったいない。

おそらく失点シーンの分析はすると思うので、今後どのように対応していくのかに注目。

鳥栖の話に戻ると、隙を逃さない集中力と相手によって戦い方を変えれる柔軟性は完全にただの強いチームである。これからも大崩れはしなさそうなので、どこまで躍進できるか非常に楽しみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました